本文へジャンプ 

なるほど!太陽光発電

毎月の光熱費が今よりグンと安くなります!

自然の恵みである「太陽の光」からつくった電力を無駄なく賢く利用するので、毎月の光熱費が割安に!
さらに、昼間に発電して家庭で使わなかった電力は電力会社が買い取ってくれるため、省エネを心がけることで大きな経済効果が期待できます。

光熱費が割安になる

日中は太陽光で発電した電力を使うことができるので、使用電力量が発電量を超えなければその分は光熱費はかかならいということになります。また、オール電化と組み合わせれば、調理や給湯に使うガス代が不要に。ライフスタイルによっては、夜間電力が割安になる電気会社のプランなどを利用することで、さらに光熱費がおトクになる場合もあります。

住宅用太陽光発電システムでは、電力会社との連系によって、図のような電力の売買を自動的に行います。

家計にやさしい売電制度

発電量の多い晴れの日や、外出していて電気を使わなかった日などに余ってしまった電力は、電力会社が買い取ってくれます。平成21年11月からスタートした「太陽光発電の新たな買取制度」では、平成29年度は28円/kWhで10年間買い取ってくれます。(出力制御対応機器設置義務ありの場合は30円/kWh)ただし同時に、電力会社が買取に要する費用は電気を使用する国民全体が太陽光サーチャージとして負担し、環境にやさしい住宅用太陽光発電の普及を促進する制度も始まっています。
※システムの設置費用が値下がることを考慮し、設置された年度によって買取価格は低減しています。

■余剰電力の買取制度について
資源エネルギー庁 買取制度ポータルサイト
http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/kaitori/index.html

平成29年度(平成30年3月まで)に設置した人は10年後まで買取価格は1kWhあたり28円(出力制御対応機器設置義務ありの場合は1kWhあたり30円)で固定され、平成30年度(平成31年3月まで)に設置した人は10年後まで買取価格は1kWhあたり26円(出力制御対応機器設置義務ありの場合は1kWhあたり35円)で固定されます。また、平成31年度(平成32年3月まで)に設置した人は10年後まで買取価格は1kWhあたり24円(出力制御対応機器設置義務ありの場合は1kWhあたり26円)で固定されます。

家族みんなで省エネ

電力モニターシステムの導入をきっかけに、自然と「エコな生活習慣」が身につくのも、太陽光発電のメリット。 発電状況を表示する電力モニタを利用すれば、毎日の発電量や消費量を確認することができるので、環境への貢献と節電効果を実感しつつ、楽しみながら「地球にも家計にもやさしい暮らし」が実践できます。
テレビやエアコンなど、各家電がどのくらいの電力を使用しているかが自然とわかってくるため、省エネに対する意識も自ずとアップ。家族で協力して節電すれば、「売電したお金で年に1度は家族旅行!」なんて楽しみが待っていたりして。そんなうれしい相乗効果も、太陽光発電を導入する大きなメリットです。電力エネルギーを賢く使って、エネルギーの自給率100%を目指しましょう!

電力モニタが、小さなお子さんにもわかりやすい表示で、1日の発電量や消費量などの情報を見える化してくれます。

太陽光発電 設置診断サービス