本文へジャンプ 

なるほど!太陽光発電

地球温暖化はなぜ起きる?

知っているようで、意外と知らない地球温暖化などの環境問題。今、地球はどのような問題を抱え、実際にはどのような被害が出ているのでしょう?

地球温暖化のメカニズムは?

地球は太陽からの熱エネルギーであたためられています。そして、その熱の一部を大気中の温室効果ガス(CO2もそのひとつ)が吸収することで、人間をはじめとするあらゆる生物の生存が可能な温度や環境が保たれてきました。ところが、産業革命以降、私たちが生活のなかで大量のCO2やメタン、亜酸化窒素などを排出するようになったために、大気中の温室効果ガスの濃度が上昇。熱を吸収する割合が増し、地球の温度がどんどん上昇してしまったのです。それが「温暖化現象」と呼ばれるもので、現在、世界中でさまざまな問題を引き起こしています。

世界で進行する地球温暖化

地球温暖化の影響で、20世紀の後半から地球上の多くの氷河は大幅に後退。世界の海水面は20世紀の間に平均で10~20㎝も上昇しました。
また、異常高温による森林火災も多発しているほか、世界各地で干ばつによる砂漠化なども進行。日本でもここ数年は、大雨による洪水被害の増加や台風の異常発生など、深刻な影響を受けています。
このような恐ろしい影響をもたらす地球温暖化対策として、世界的なCO2の削減が急がれています。

地球の資源が枯渇する?

石油やガスなど、私たちが普段の生活に利用しているエネルギー資源は、「限られた資源」です。そうした資源を今のまま消費し続けたと仮定すると…。石油なら42年、天然ガスなら60年で使い果たしてしまうといわれています。
また、世界中の人々が日本人と同じレベルの生活をすれば、何と「地球2.7個分」の資源が必要になるという試算も!世界の人口が年々増加していることを考えると、新たなエネルギー資源への移行が必要不可欠なのです。

太陽光発電 設置診断サービス