本文へジャンプ 

なるほど!蓄電池

蓄電池について

非常時や計画停電における電力確保、電力会社のピークカット時の節電として蓄電池が注目を浴びており、可動式のリチウムイオン蓄電池が各メーカーから提供されています。

夜間に充電を行い、昼間の電力需要ピーク時に使用することで、節電対策や電気料金を押さえる事がきるようになります。

蓄電池導入支援のため、国(平成23年3月11日から)や一部の都道府県から補助金が提供されるようになりました。

エネルギーの自給自足を目指すスマートハウスにとって、将来的には、昼間に太陽光発電等で「創エネ」した電力の内、昼間に使用しなかった電力を蓄電池に貯めておき、夜間の使用電力を蓄電池から供給することが、スマートハウスにおける蓄電池の本来の役割となります。

太陽光発電 設置診断サービス