本文へジャンプ 

START ECO LIFE! スマートハウスで始める新しいエコライフ

スマートハウスは、エネルギーの自給自足を目指す次世代型の住宅です。

地球環境を守るために、CO2などの温室効果ガスを極力排出しない「低炭素社会」の実現に向けた取り組みが、今、世界各国で始まっています。そこで大きな注目を集めるのが、クリーンなエネルギーで快適に暮らせるスマートハウス。私たちの未来は、スマートハウスで変わります。

スマートハウスは新しい暮らしの形

昼間に太陽光からつくった電力を蓄電池に蓄えておき、夜間などに使用。さらに、省エネ性能に優れた家電をネットワークでつなぎ、自動コントロールによって消費電力を制御。自ら電力をつくり効率よく生活に使用することで、100%の電力自給自足を目指します。また蓄電池にもなる電気自動車は、ガソリン代がかからないことはもちろん、CO2も排出しません。暮らす人々の快適性と地球の未来、その両方を考えてくれる賢い家(スマートハウス)。低炭素社会の実現に不可欠なスマートハウスは、日本でもすでに導入に向けた動きが加速しています。

スマートハウスで未来はこうなる!

住宅内のエネルギー使用状況を常に把握してくれるスマートハウス。電力を無駄に使ってしまっているときには教えてくれたり、携帯電話(スマートフォン)などで電力の使用状況をチェックして、外部からコントロールすることも可能になります。エネルギーを賢く利用するスマートハウスでは、次世代テクノロジーを搭載した家電が大活躍。最新のIT技術によって、ユーザーのライフスタイルに合わせて柔軟に機能を更新し、最大限の省エネ効果を発揮します。

クリーンなエネルギーで暮らす

クリーンなエネルギーで暮らす発電時にCO2を発生しないクリーンなエネルギー。太陽光をはじめとする、無尽蔵な自然エネルギーからつくった電力で生活することで、低炭素社会を実現します。

対話をしながら進化する次世代家電

対話をしながら進化する次世代家電優れた省エネ性能はもちろん、各家電が電力の供給状況などに合わせて稼働時間を自動で変更。最近、大きな話題となっているLED照明やテレビ、エアコンなどの家電が、ユーザーのライフスタイルやニーズに合わせて進化します。

蓄電池としても使える電気自動車

蓄電池としても使える電気自動車プラグイン電気自動車は、家庭用のコンセントで充電ができるため、ガソリン代を節約できます。「低炭素社会」の実現に向け、ガソリンを使用しない電気自動車は不可欠な存在。蓄電池としても利用できるようになります。

暮らしを変える家庭用蓄電池

暮らしを変える家庭用蓄電池発電した電力を蓄えるエネルギー貯蔵庫として機能するのが、大容量の家庭用蓄電池です。余剰電力はどんどん蓄電池にチャージされ、夜間などの生活に利用できます。

電力の見える化が省エネを促進

電力の見える化が省エネを促進各家庭の電力の使用状況など、スマートメーター(次世代型電気メーター)により「見える化」。ウェブサイトなどを通じて、分単位の情報を簡単に確認することができます。

外出先から家電製品をコントロール

外出先から家電製品をコントロール携帯電話(スマートフォン)で、消費電力や運転状況などをチェック。外出先からの遠隔操作によって、各家電や住宅設備のコントロールをすることも可能になります。

太陽光発電 設置診断サービス