本文へジャンプ 

太陽光発電を導入しよう!

検討から契約までのプロセス

長く使えるシステムだから、自宅の屋根に合った製品をしっかりと選びたいもの。
太陽光発電導入の検討から契約までのプロセスを、4つのステップでご紹介します。

設置診断と情報収集

まずは、自宅の屋根に太陽光発電システムを設置した場合、「どれだけの発電効果が得られるのか」などをチェックします。当サイトにある「ソーラーシステム航空写真診断」なら、実際の航空写真を使った、自宅の屋根への設置シミュレーションが可能です。おおよその発電量や設置の向き不向き、補助金額や年間の家計貢献度や環境貢献度など、結果もすぐに表示されるのでぜひお試しください! また、各メーカーの製品比較など、詳細な情報収集も大切です。

業者の選定と見積り依頼

太陽光発電システムを扱う業者は多種多様。設置価格やアフターフォローなどのサービスもそれぞれによって異なり、その強みもさまざまです。「どの業者がいいの?」と迷ったら、信頼のおける安心で実績のある業者をご紹介している同サイトの「ソーラーパートナーのご紹介」をチェック。業者をある程度絞ったうえで見積りを依頼し、設置方法や予算をきちんと確認しましょう。
「ソーラーシステム航空写真診断」では、選択したソーラーパートナ―からの提案書をもらうこともできます。そして業者を選ぶ際にはクーリングオフの有無もしっかりと確認し、必ずクーリングオフを設定している業者を選びましょう。

支払い方法やおトクな補助金を確認

太陽光発電システムの支払いについては、システムの導入によって金利などが優遇されるソーラーローンや、住宅ローンにシステムの導入費用を組み込むことができる商品(金利も優遇されます)など、各銀行でさまざまな商品が用意されています。国や自治体の補助金とあわせて、これらの商品も忘れずにチェックしましょう。

現地調査で問題点をチェック

現地調査も絶対に忘れてはいけません。屋根の耐久性や強度、屋根材といった自宅の屋根の状態を、ご自身の立ち会いのもとでしっかりとチェックしてもらいましょう。
その他にも、室内に配置する機器の設置場所や配線場所の確認も必要です。こちらも導入後の不便がないように、きちんと確認しておきましょう。また、現地調査の際には、電力会社が発行している電力の利用明細など、電力の契約状況がわかるものをご用意ください。

太陽光発電 設置診断サービス