本文へジャンプ 

太陽光発電を導入しよう!

設置から発電開始までのプロセス

工事期間は新築と既築の住宅に設置する場合で異なりますが、1~3日で設置することができます。
設置から発電開始までどのような工事をするのか、実際の設置事例をみながらご紹介します。

屋根工事

架台取り付け金具を屋根に取り付けます。雨漏り防止のために、コーチング材を注入し、防水処理を行います。
この上に太陽光パネルが設置されます。

 

 

太陽光パネル設置

スライダーを使って太陽光パネルを慎重に屋根にあげていき、架台にねじで固定します。
太陽光パネルの裏側は白色なので、記念にサインや絵を描くのもOK!

   

配線工事

設定回路ごとに配線をおこない、PP管でケーブルを束ねて接続箱に接続します。これで屋根工事は終了です。

配線工事

電気工事

屋外には「接続箱」と電力メーターが2つ設置できる「電力量計」を取り付けます。
屋内の配電盤のあるところに、「パワーコンディショナ」「ブレーカー」「送信ユニット」を取り付けます。
リビングには「電力モニタ」をセットします。最後に試験運転をして正常に発電しているかを確認。これで設置工事は終了です。

 

 

電力会社の工事&系統連系

設置工事から1~2週間後に、電力会社からのメーター設置工事と検針が行われます。
系統連系が終われば、いよいよ発電開始です!

配線工事

太陽光発電 設置診断サービス